FC2ブログ

ムラマサの模型制作日誌

ガンプラ製作状況・そのほかの出来事を不定期ながら日誌にております

2012年から絶賛放置だったストライクダガーやっと完成しました!!

Posted by muramasakai on   2  0

2012年半ばから製作していたストライクダガーですが6年越しの2018年にやっと完成しました。

ストライクダガーとは・・・・
地球連合軍は、初の制式主力MSとしてGAT-X105 ストライクを原機とする量産機ダガーを開発した。この機体は、ストライク最大の特徴であるストライカーパックシステムを始め機能・性能の多くを相応のダウングレードを経て受け継いでいたが[1]、時局は急を要しており、連合軍はMSの頭数を揃えるため迅速に調達可能な簡易機を優先し誕生したのが本機である[2]。これに伴って制式化時期が「ダガー」と逆転したことと、前期GAT-X機体中唯一奪取されなかったストライクにあやかったために、本機に「ストライク」の名が冠されることとなった。
開発はパナマ基地で行われた。生産コスト低減を目的とした本機は、正式量産型であるダガーと比較し背部ストライカープラグの省略を始め、頭部ブレードアンテナおよび機関砲の半減、各部装甲の簡略化が行われている。また、ベトロニクス等の対EMP装備も不十分な物が搭載されている。機体の基本骨格にはストライクと同系列のX100系フレームを採用。運動性においては初期GAT-X100系列と同水準を保ち、ジンを凌駕する。標準武装としてGAT-Xシリーズで実用化された小型携帯ビーム兵器を装備。頭部はG兵器と異なりゴーグル状となっているが、その奥には二つのカメラアイを有する。
また、ナチュラルパイロット用のOSを導入し、ソフトウェアとパイロット面の問題は解決を見ている。さらには地球連合のMS運用ドクトリンである「複数の友軍機で1機の敵を殲滅する」という基本戦術も設けられ、ザフトのジン等に対しても互角以上の戦力として機能した。 ※Wikipedia抜粋
10034672.jpg

今回は、105ダガーをベースに上記のキットを使用してのミキシングで製作しました。
10039393.jpg

IMG_9796.jpg


IMG_9798.jpg
IMG_9799.jpg
頭部:105ダガー+ストライクダガーのミキシング
腹部:腹部上部はストライクダガー、下部は105ダガーを使用して腰部との接続はボールジョイント化しています
腰部:105ダガーの部品を使用して両サイドアーマはマイナスモールドに差し替えしています
武器:ビームライフルはストライクダガーのキットのライフルを2本合わせて厚みを増しています。

IMG_9800.jpg
劇中のような持ち方ができるように専用の部品を用意しています。
IMG_9807.jpg
105ダガーを使用している関係上MX703G ビームライフルも装備できます。

IMG_9802.jpg
IMG_9805.jpg
中学校の時から可動出来るストライクダガーが欲しくて何度も挑戦して失敗していましたが
2003年から約15年後にやっと完成することが出来ました。
模型かれこれ15年もやってるんだなと実感しましたね。

IMG_9809.jpg
装備品一覧




2 Comments

muramasakai says..."Re: タイトルなし"


DISKさん

ニプコムお疲れさまでした。
濃い内容のお話が出来て本当に楽しかったです。

相互リンク早速させて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
2018.07.29 08:31 | URL | #- [edit]
DISK says...""

こんにちは
ニプコムでお声掛けいただいたDISKです。

遅くなりましたがブログお邪魔させていただきました。

ダガー何度見ても見事ですね!

よろしければブログの相互リンクもよろしくお願いします^^
2018.07.28 16:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://muramasakai.blog.fc2.com/tb.php/388-c7b35042
該当の記事は見つかりませんでした。